小  児  歯  科  と  は  





   小児歯科とは、お子さまの健康を守るため、口の中の病気の診断やムシ歯治療の方針

 を立て、歯が生えはじめてから、ほとんど大人の歯に生えかわってしまうまでの口の中の

 健康管理をするところです。

   こどものムシ歯は、こどもの将来の生活に大きく影響します。

 ムシ歯があると、食物をよく咬むことが出来ないため、身体にあたえる影響は勿論、顎の発

 育不全等の原因となります。また、ひどくムシ歯になった歯を放置すると大人の歯が生えて

 きた時、きちんときめられた場所に生えることが出来ず、歯ならびが悪くなったり、また乳歯

 の下の大人の歯の芽にも悪い影響があります。

   こうしたいろいろな悪影響をさけるために、予防処置を行い、ムシ歯の早期発見、早期

 治療をし、お子さまの歯の健康管理をするのが、小児歯科の仕事なのです。

   しかし、なんといってもお子さまの歯の健康管理は、お母様方の愛情、歯科医に対する

 熱心な協力があってこそはじめて出来るのです。